親父へんこつ、かかぁ無愛想!

重~い実感・・・・

Dscf5518

秋もいよいよ深まってきました。

こうなると結構多忙になるんですよね~

何がって?

お百姓さんですよ。

もち、オレもお百姓さんですからね!

実は上勝町の特産である“ゆこう”の荷受けが今月一杯なんです。

Dscf5520 で・・・・他の仕事も仕えてるしィ・・・・

昨日、一生懸命に収穫に励んでたんです!

そりゃ~今日が雨ってことも織り込んで。

収穫の目標数量まであと僅になってたんです。

そして、囮カラスの餌遣り時間が迫って来たんで焦ってたんですね。

今 考えると何も焦ること無かったんですけど・・・・

“ゆこう”の太い枝に乗っかる姿勢で収穫してたんですが・・・・

早く収穫を済ませて、出来れば荷づくりまでしたい・・・・

  

バキッ~

  

一瞬の出来事!

太い枝と一緒に3m程下の道路に転落しちゃいました。

マズイッ!

何とかしなくちゃって 空中で考える余裕があったのに・・・・

太い枝を抱え込んでショックは防げたんですが・・・・

残念ながら ヤッチャイマシタ!

  

ズキン!

  

・・・・

オイッ 右腕が変な方向に曲がってるよ!

動かそうとしたんですが全く意思が通じない!

自分の身体なのに別の物を見てる感じ・・・・

こりゃ~ この状況じゃ 腕が折れちゃったんだろう!

困ったな~ どなんしょう・・・・

でも・・・・ 左手で触ってみても折れちゃいない???

アアッ そうか! これは肩の関節が外れちゃったんだ!

思った程には 痛みも無いし・・・・

動こうとしても動けないんですけど・・・・

まずは枝から腕を放さなきゃ・・・・

  

左手を使って やっと自分で座ることができました。

自問自答 : このまま自分で運転ができるかなぁ?

いや、どう考えても左手一本じゃ無理のようだし・・・・

  

で、思い当たる数人にTELを入れたんですが・・・・

空しい空呼び出し音のみ・・・・

こんな時は何だか心細いもんですね~ 辛いですよ!

  

その内、呼び出しに応じてくれる人がいて・・・・

病院へ送ってくれる人がいて・・・・

待ち時間は長かったけど、取敢えず肩関節を入れてくれ・・・・

痛みは残ったけど、少し希望の灯が見え始めて・・・・

無事に帰宅できました。

皆さん 大変お世話になりました。

ホントにありがとうございました。≪(_ _)≫

  

  

残念ながら今日は朝から右腕が自由に動かないんですが・・・・

でも 何とか女房の助けを借りて予定全量を出荷できました。

  

でもさ~  オレ・・・・

身体が自由に動かないなんて初めての経験です。

本当の意味で勉強になりました。

障害を持つ人の不自由さが身にしみて感じられました。

あくまでも 感じたんであって 解っちゃいないんですが・・・・

女房は優しくしてくれるんですが、言葉の端々に何か感じるんです。

人はこれを僻み(ひがみ)根性だとか呼ぶんでしょうね。

何も悪意で言ってる訳じゃないんだけど・・・・

そんな事は解ってるのに・・・・

  

親父が五十肩で腕が上がらなくなったのと同じ状態になった?

親父が生涯を閉じる原因もゆこう採取中の転落事故だった・・・・

それも ほんの僅かに10mばかり離れた場所だし・・・・

  

今日の雨はジックリと考える余裕をくれたようです。

でも、オレって不器用なんです。

反省って言葉が似合わない・・・・

今回だけは もう少し幅広く思いを巡らしたいと思います・・・・

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満中陰 お礼

Dscf4625

本当に長きに亘る休憩で ご無沙汰いたしておりました。

皆様にはご健勝にてご活躍のご様子 衷心よりお慶び申し上げます。

  

さて、皆様に対しては大変失礼な行為だと思いましたが

父の四十九日法要で納骨が終わるまでの短期間の限定だからと

喪に服し ブログ更新を遠慮させて頂き 申し訳ございませんでした。

お陰をもちまして 諸行事を無事に完遂することができました。

この間、多くの方々からお言葉を頂戴致しました。

  

  “最近、更新できとらんね~”

  “どなんなっとんえ~?”

  “まァ、状況が解っとるけん、ゆっくり休みだな~”

  

表現は夫々でも、ご心配頂いたことには重々感謝しています。

本当に嬉しいことであり、有難いことだと大きな感激でした。  

ここにあらためてお礼を申し上げる次第でございます。

  

ありがとうございました。 ≪(_ _)≫

  

            ・・・・・ 空 想 天 郷 ・・・・・

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石に へ張り付いても!

Dscf5133

オレが言うのもなんだけど・・・・

親父が愛した花って色々あって取り留めが無い?

星葉城植物園では結構 幅広くやって来てるんですネェ~

これもその一つで“セッコク”と呼ぶ花です。

この花色にも色々あってピンクとか白花が咲きます。

星葉城の石垣に へ張り付いて頑張ってる?

何と無~く 今のオレを見てるような気がします・・・・

  

でもさ! 

最近のオレは体力的に厳しいけど 少しだけ余裕が出た気がします。

今まで知らなかった世界を見ているからでしょうね。

結構 良い勉強が出来てるナァ・・・・ って感じています!

   

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たった十本だけど ・・・・

Dscf4970

先日、訪問した海陽町から持ち帰ったバラの花・・・・

厳寒の片隅に女房が飾ってくれてあります。

オレはトゲのある花は好みじゃないんですが、女房が飾れば別です。

まだまだ 百万本の薔薇 には程遠いんですがネ~!

  

静かな幸せ感が漂ってきます。

我家の基本は和風なんですが、山本画伯の絵と旨くマッチングです。

オレンチのバラはオレンジ』 な~んちゃって ・・・・

素敵でしょう?

  

  

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠評価?

Dscf4797

オレも変な器械を身に着けることになりました。

この器械、睡眠評価装置です。

何するものかって?

  

実はオフクロを病院へ連れて行ってた時に見たんです。

壁に貼ってあるコピー記事を!

良い眠りをしてますか? って意味の記事でした。

鼾をかくのは良くないらしいんです。

更に、その鼾が途切れ出すとなお大変な状況になってる可能性が高い!

いびきをかきながら死んじゃうこともあるって・・・・

  

オレの場合、鼾をかくようになって女房が一緒に寝てくれなくなりました。

途中で息が止まってしまい1分ほど息をしないんで恐いって!

オレに自覚症状は無いんで放っておいたんですがね~

気にはなってたんですよ。

そこへ『死ぬぞ!』って言われちゃ放っておけないですよ。

恐る恐る診療所のT先生に相談したんです。

速攻、うちでも簡易調査なら出来るんで早速やってみましょう!

早いですね~

今夜、装着して明日診療所へ持ち込むんです。

  

それじゃお休みなさ~い・・・・  

    

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大神子へ転院です!

Dscf4284

前にも使ったこの写真ですが・・・・

今日、オヤジがここの病院へ転院しました。

病院て“患者さんあっての病院”だと思うんですよ!

病院だって儲けることが目的ですって?

勘違いしてる病院がイッパイある中で、ここは本当に人気が良いですね~

オレ、以前から病院や施設を慰問していて、知る限りで評価は最高でした。

で、そんな仲間内でも情報交換して来たんですが同じ評価でした。

そんな意味でもオレが入院するならここが良いって思って来たんです。

今回も日赤病院を出される時、何人かに相談しました。

やっぱり他よりもここの病院が人気ナンバーワンでした。

  

残念ながら速攻での転院は出来なかったんですが、関連病院に転院!

今回、空き部屋が出来たんでようやく転院に至りました。

ただね~、実際に入院するのは初めてなんです。

入院してからの評価はこれからです。

そして、ここで紹介しておかなきゃならないことがあります。

関連病院とは小松島病院!

温かい介護・看護を頂き、とてもお世話になりました。

特筆しておかなきゃならないのは病院によって特徴があるってこと!

大神子病院と小松島病院は兄弟?

兄の大神子病院は重症患者のリハビリに重点を置いてる様子です。

弟分の小松島はどちらかと言うと従来のリハビリが専門でしょうか。

いずれも熱心に患者に合わせた介護が頂けます。

先の専門性はオレの感覚ですから誤解なさらないように・・・・

  

さて、転院してからの病人の状況です。

手足の運動能力は抜群になったって評価!

転院直前には流動食を送り込む管を抜いた!

転院して半時間もしないで下半身スッポンポンに脱ぎ飛ばした!

悪さをしないようにする手袋を器用に脱いでしまった!

拘束したベッドの手擦りを抜いて自分の上に置いていた!

いろんなビックリネタが続いています。

早い話が少し自由が過ぎるんでしょうかね~?

いずれにしても元気になってるのは間違いありません。

  

オレの要望?

一日も早く『自分で食事』が出来るようになること!

ケースワーカーの指導で内容が変わるんですって・・・・?

これが現実になれば嬉しいですね。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽観できねぇ~

Dscf4284

奇麗な紅葉と青い海の撮影に行ってきました!

  

ちゃうちゃう!

遠く霞んだ大鳴門橋の撮影ですがな!

  

い~やいや、それもチャウがな!

実際は大神子病院へ協議に行ってたんです。

  

オヤジの熱が下がり、尿が正常に戻りました。

これは先にも書いたっけ?

今日は尿排泄の管も外してオムツになってました。

顔の腫れもキレイに引いちゃってます。

病気や怪我は日にち薬だって・・・・ 徐々に快方に向かってます。

一気に治れば楽なんですが、現実はどうなんでしょうね~

  

日赤は救急病院なので転院の準備を薦められています。

ただ、まだまだ治り切ってる訳じゃないので・・・・

それでも脳外科だけでも毎日、救急患者が運ばれて来ています。

医師の話だと5時間に7人も運ばれたこともあるんだって!

これが病院全体だとメッチャ多くの患者が運ばれて来るんですよ。

先に入った患者から出て行くのが理想ですよネェ~

  

ただね、出て行くったってどこへ?

治り切ってない患者はホテルって訳にゃ行かないですよ!

自宅ってのも介護は無理です!

やっぱり専門の病院しかないですよネェ~

  

ただ心配なのは脳外科医が勤務する病院てのは限られるんです。

救急病院以外には勤務していないって話も・・・・

本当に厳しい状況です。

で、・・・・

最も早い転院を期待できる理想の病院をさがせってことです。

もちろんですが、医師も機器もな~んも揃っていない病院ならイッパイあるって・・・・

そういえば昔、『ヤブ医者通り』って表現された通りもあったんだっけ!

  

そんな中で推薦頂いたのが大神子病院だったって訳です。

それでも現在は空きベッドはありません・・・・

当分は如何なる動きもしようが無いって状況に陥ってます。

  

渡る世間はばかり?

そうじゃありませんが、楽観的な見通しは立てようがありません。

寒空の下、厳しさが続きます・・・・

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試練の刻?

Dscf3819

オレにも少し余裕が出て来ました。

何がって?

ここんところ非常に取り込んでまして・・・・

精神的にアップアップの状態が続いてたんです。

  

11月10日、オフクロを病院へ連れて行ってる間にオヤジが転落事故に!

今だから言えるんですが、帰宅してブログに書き込みをしてるとオフクロが呼ぶ!

なんだか、うるさいなァ・・・・

  

話を聞くとオヤジが血みどろで這い回ってるって・・・・?

そんな馬鹿な!

オレが帰宅して暗くなりかかってる時に家に居ないから・・・・

何処かのお宅へ行ってるって思ってました!

だって普段がそんな状況でしたから・・・・

   

飛んで行くと道の真ん中でオヤジが倒れてる!

話しかけると話が通じる!

速攻、車に乗せて病院へ・・・・

  

交通違反だなんて考えず運転しながら携帯を駆使!

診療所へ電話しても出ない! こりゃダメだ!

 次は役場だ! やっぱり通じない!

  こんな時の119番だ! 局番無しの119!

  

即刻、出たのは徳島市の救急!

上勝へ転送してくれた・・・・

  

K君が出た!

簡単に状況説明し、救急当番を聞くと診療所へ行けと言う。

医者が速攻で準備して待ってるって!

なんでじゃ? さっきは出なかったのに・・・・

  

診療所の手前で電話が鳴る?

急いでるこんな時に電話してくるんは誰な??? って?  

なぜか町長からの電話で 「なんか電話をくれたか?」

訳が解らん・・・・  「オレは何~んも電話はしてませんが・・・・」

  

     これも後で気がついた事なんですが・・・・

     さっき役場に電話したのは役場の携帯だったんだ!

     道理で不在は無い筈の役場に電話がつながらなかった訳だ。

  

診療所では危篤状態に下がってる血圧を戻すべく点滴開始!

緊急だからって両手に持たせてくれました!

オレ、輸液を下げたままで救急車を要請の電話!

同じく応援看護師の呼び出し電話と大忙し!

その間に応急処置中のオヤジの顔を見た・・・・

目の横に大きな穴が開いてる! 出血はあそこだ!

T先生がガーゼを当ててオレに押さえてろって!

  

そうこうする間に看護師到着! 救急車も到着!

T先生が付き添いで乗り込み、オフクロも同乗して出発・・・・

オレ、一人残っちゃった・・・・

  

日赤病院ではICUに収容されてました。

医師の説明ではCT撮影の結果として云々・・・・

要は、ほとんど危険な状態!

早い話、『数時間で燃え尽きるか・・・・長期入院の寝たきり患者か・・・・』

  

一週間後にはZWAの訪中が迫ってる・・・・

医師: このままじゃ訪中は無理! 止めるべきです!

  

  

その後、若干の改善がみられるってことで訪中を決行!

帰国後は病院の付き添い兼運転手に奔走!

自宅での数時間は遅れた農作業の取り返しに汗を流して・・・・

結構、厳しい試練の時でした。

  

今日の検査の結果、ずっと続いてきた発熱は治まったとか・・・・

尿も赤黒かったのが薄れて普通の色に戻って来てる・・・・

急性硬膜下血腫、くも膜下出血も治まりつつあるって・・・・

脳挫傷の後遺症はまだ見えていないけど・・・・

  

  

これからは益々、オレにも荷が掛って来ることでしょう・・・・

常に少しは心にゆとりを持ち続けたいものです。

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歌人への道?

Dscf3792

今日は立冬、暖が恋しくなってくる季節です。

オレの未熟な感覚の中で、暖と言えば“焼き芋”でしょう!

  

ここにあるのは先日、オレが掘り上げたサツマイモです。

これを見たら浮かんでくるフレーズって決まってますよねぇ・・・・

  

芋づる式って?

  

悪いことを想定しがちですが、必ずしも悪事だけとは限らない?

それは、次々と同じようなことが続くこと!

そうじゃないかえ?

それなら善悪は関係なく、横並びのことが続けば芋づる式ですよね~!

  

歴史は繰り返す・・・・

兄弟瓜二つ?

スジじゃけん!

  

なんか少しづつ意味が違ってる気もしますがね~

何でも好いって訳じゃないですよ!

  

さて、話が変わりますが・・・・

今日は久しぶりの有償輸送で徳島市に行きました。

送りじゃなくて迎えでした。

  

短歌メンバーの勉強会が有ったんですって!

帰りの車中は短歌の話で盛り上がってましたよ。

残念ですがオレ、短歌は意味不明です。

  

解ってるのは5・7・5・7・7の31文字で気持ちを伝えるって文化?

オレの場合は文化って言葉が身に付いていません。

短歌と俳句の違いも十分に理解できていませんし・・・・

  

そんな折、短歌の会にお誘い頂きました。

短歌が何かって解らないオレをです。

理由は明瞭!

オレには理解できてない“スジ”らしいです。

  

オレのオフクロや伯母が短歌をやってるからだとか。

もちろん親類やご近所までも!

  

スジで立派な歌が作れるなら苦労は無いのですが・・・・

オレとしては十分納得が出来てないので、しばらく待って貰うことにしました。

その間に腹が座るかしら・・・・?

  

トモゾウこころの歌(チビまるこ)?

あれもホンワリと温かくて嬉しいですよね~

  

芋づるに 熱き思いを 託しては 

 周囲が迷う こころも迷う 

             (てんご心の歌)  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七五三の前撮り

Dscf3739

孫の七五三前撮りに同行しました。

見ていて本当に面白いですね~

  

人間模様がくっきりと写りますよ!  

外から見てるとみんな、本当に正直です。

  

両親は出来るだけ可愛い写真に仕上げたいと苦心しています。

勿論、カメラマンも素晴らしい写真を撮りたいと苦労しています。

  

また、スタッフもその願いを実らせるために努力しています。

でも多くのスタッフが集まると反って逆効果・・・・

  

じゃ子供たちはって言えば、そんな取組が恥ずかしいんでしょうか?

慣れないもんだからメッチャ照れ反ってます・・・・

  

それが上手く表現できないもんだから気分が悪くなってきますよね?

まして今回は兄弟を一緒に撮ったので、なおさら大変でしたよ!

  

お隣で撮影してる子供さんは泣き出しちゃいましたよ!

ありゃ~、みんなの思いが空回りしてる!

  

それを見てるオジィたちは面白くて笑いが止まらない・・・・

でも気が気じゃなくて目が離せない・・・・

  

誰でも経験する場面ですし、何度も経験する場合もありますよ。

オレ等は子供が3人だから・・・・

  

ましてや孫は既に6人も・・・・  

だから、こんな場面にも何度か立会って来たベテランです。

  

余裕で見てられるのに、残念ながら出番は無いんですよ!

もしも出番を作られると逆にあがっちゃうのかも?

  

結局はみんなの努力で何とか撮り終えました。

ただ、今回も感じたのですが写真家って方々はやっぱり上手い!

  

オレ等じゃ人の表情を上手く拾うのは至難の業・・・・

何であんなに細やかな表情変化を見切れるんだろう?

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧